悪口や愚痴はほどほどにしよう

想像してみてください。

あなたが素敵だなと思う人というのは、いつも眉間にしわを寄せて口を尖らせて誰かの悪口を言っている人ですか?

それとも、理不尽だなと思うようなことがあっても、ドンと構えてまるで何事もなかったかのようにいつも通りに接してくれるような人でしょうか?

 

友達付き合いであっても職場であっても、悪口ばかりの人とはあまり仲良くなりたいと思わないものです。恋愛だってやっぱり同じ。

例え本当に誰かから被害を被ったとしても、いつまでもだらだらと愚痴や悪口を口にしているようでは、あなたの魅力は確実に失われてしまいます。

もちろん、多少の愚痴であればいいんです。しかし、いつまでも根に持ってそれを恋人の前で話すのはオススメできません。

負のオーラは、本当にその人を見にくくさせてしまうからです。

 

自分では、悪口を言っている時の自分の顔を見ることはできないかもしれませんが、般若のような顔で話している人も多く、一番好きな人にそんな顔を見せるなんてとんでもないことです。

あなたが愚痴も悪口も一切言わない人であったとしても、世の中を分かっている素敵な人であれば、あなたが色んなことがありつつも自分の前では笑顔でいてくれていることをちゃんと分かってくれているものです。

世の中、そうハッピーなことばかりではないと、大人は知っているからです。

 

それでも明るく前向きな人だからこそ、その人のことを尊敬したり愛しい、守ってあげたいと考えるのでしょう。

そして、本当に素敵な恋人であれば、自分も相手と同じように愚痴を言ったりせずにポジティブに生きようと思うのです。

 

人は、友達でも恋人でも似たような感覚の人でなければ一緒にいることができません。

つまり、素敵な人にはやはり素敵なパートナーができるということです。

もちろん、その逆もありますが、できれば素敵なカップルになりたいものですね。

それなら、悪口や愚痴はほどほどにして、できるだけ良い所を探しながら生きていきましょう。