長く続く恋愛をするために大切なこと

恋愛が長続きしない、ラブラブでいられる期間がいつも短い気がする。

そんなお悩みをお持ちの方、男女共に多いのではないでしょうか?

 

恋愛において相性は勿論大切ですが、それ以外にも大事なことはたくさんあります。

好みも趣味も全然違うのに仲の良いカップルと出会った時、「どうしてあんなにあわなさそうなのに…」と思ってしまうことってありませんか?

そういった「長続きするカップル」によくみられる共通点があるのです。

 

それは簡単なようで難しいことですが、効果は絶大。

ズバリ「気持ちを伝えること」です。

 

相手のことをどう思っているか、伝えていますか?

ラブラブでいた期間って、今よりもっといちゃいちゃしたり甘えあったりしていたのではないでしょうか。

言葉だけではありません。

「あなたが好き」だと伝わればどのような形でも構わないのです。

 

伝わってると思いこんで全く表に出さなくなった時、自然とお互い熱を失っていってしまうことも…。

これは男女ともに言えることだと思います。

 

「昔はこうだった」「付き合いたてはあんな風にしてくれたのに」と、些細な変化がいつのまにか目について不満になったり。

変化しないようにする必要はありませんが、形を変えるのはいいとして、気持ちを伝えることだけは変えないようにすることが長続きの最大のコツなのです。

 

束縛の強い相手にもきちんと思いが伝わっていれば安心してくれるので、多少は和らぐ効果もありますので是非実行してみてくださいね。

相手にどのようにしたら伝わるか、考える必要はありますが、ちゃんと伝わっていれば必ず返ってくるものがあると思います。

 

言いあうだけでも幸せだった頃に戻ってみるのもたまにはいいアクセントになるものです。

最近マンネリ化してきたデートの帰り際、おやすみのメールにそっと愛の言葉を添えてみたり。
照れくさいかもしれませんが、きっとお互い距離をまた縮めることができると思います。

 

「どうしたの?」なんて返されても大丈夫。

内心ドキドキしているはずですから、勇気を出して改めて伝えてみてくださいね。