追いかけすぎてはいけない

誰かを好きになると、どうしてももっとこうしてあげたい、もっとああしてあげたいと思うものです。

それはきっと優しい気持ちから来ている素敵な感情なのだと思いますが、これをやりすぎてダメになってしまう人は少なくありません。

なぜなら、こういった対応を好きな人に続けているといつしかそれが当たり前のこととなり、なってもらって当然。

当たり前だと思われてしまうからです。

そこに恋愛感情は生まれません。それに、感謝してもらうことも少なく、その結果都合の良いただの相手となってしまうのです。

周りを見渡してみると、それほど相手に尽くしていないように見える方が、恋人から大切にされたり愛されているようなこともあるのではないでしょうか?

それと比べてどうして私はこんなにも頑張っているのに、上手く行かないのか……。

人は、頑張ることが美徳であると思い込まされている場合が少なくありません。それに、努力すれば必ず幸せになると思っている人もたくさんいます。

でも、必ずしもそうではなく、むしろ手を抜いて自然体でリラックスしてやった方がスムーズにいくことも多いのです。

恋愛は、このたぐいのものだと言って良いかもしれません。誰かを好きになったら、あまり追いかけたりせずに、相手から追いかけてもらうようにどしっと構えてみてはいかがでしょうか?

そして、相手にやりすぎたり言いなりになってしまうことのないように。自分をしっかりと持って、自分の意見もきちんと言うようにしたいものです。

それでもし仮にうまくいかなかったのなら、二人の関係はいずれにしても良くならなかったということです。

恋愛に限らず魅力的に見える人というのは、周りに流されてしまうような「自己不在」の人間ではありません。

それよりも、例え嫌われることがあったとしても、しっかりと自分を持っていてはっきりと自分の気持ちを相手に伝えることができる人です。

相手にやりすぎず、自分をしっかりと持って付き合うこと。これもまた恋愛のコツです。